2006年09月14日

静岡の恵み(由比町の桜エビと生しらす編)

 先日、静岡大学で行われた研究会に参加しに静岡に足を運びました。
 静岡は言わずと知れたお茶の一大名産地で、そのお茶を活用した取り組みがいろいろと多く、それらを研究している方々のご発表を聞いてとても勉強になりました☆
 そして、せっかく静岡にきたのだからと前々から行きたかった由比町に足を運び、由比町名産の桜えびを食べに行きました。
 由比町の目の前にある駿河湾は、桜エビが多く生息することで有名です。その駿河湾は、狩野川・富士川・安倍川・大井川などの大きな河川が流れ込んで餌となるプランクトンが豊富にあることと、海底が急に深くなっているいることで、光を嫌う桜エビにとって理想的な環境条件が整っている適地ということで桜えびが多く取れるとのこと。
 以前、知人から「由比の桜えびは絶品や」と聞いたことがあり、それ以来、機会を伺っていたのです☆
 そしてその由比町で桜えび料理を食べさせてくれる「くらさわや」というお店に足を運びました。

くらさわや←お店の概観です。雰囲気があります。











くらさわやからの風景←店内からは駿河湾が一望できます☆近くにさった峠(江戸時代、京都と江戸を結んだ東海道の興津宿と由比宿の間に横たわる3km余りの峠道でその時代には、箱根の山などとともに旅の難所と知られる峠)があり、そこからも駿河湾や天気のよい時は富士山も見えます。残念ながら、この日は富士山を見れませんでした(苦笑)





 さて、僕は大食漢なので(笑)桜えびのかき揚げと桜えびの釜飯と生しらすを頂きました☆


桜えびのかき揚げ←桜えびのかき揚げです。もうこれが桜えびだらけ(笑)。そして、その味は美味!とても新鮮味がり、普段僕が食べている干し桜えびのように硬くなく、とてもふんわりとしてさくっとしたやわらかさ☆桜えびの風味を口いっぱいに堪能できます。これまで、僕が食べたことのある桜えびのかき揚げだと、ほんの気持ち程度しか桜えびが入ってしませんでしたので、くらさわやさんの桜えびのかき揚げを食べてこれがほんとの味か!と実感しました。


桜えびの釜飯2←続いて桜えびの釜飯です。注文してから炊き上げる一品で、桜えびの風味がふんわりとたって、それが釜飯の味とてもあっています。かなり食べがいがありました☆








生しらす←そして「生しらす」です。最初は食べるつもりできたのではなかったのですが、本日のおすすめとメニューに書いてあったので頼んでみました。これがまたなんと美味しいことか☆ゆであげたしらすも美味しいのですが、生のしらすは優しいくて官能的な食感があります。口に入れるとほんのりとした甘みが最初にきて、噛むとしらすのやわらかななかわたの苦味があって美味。感動、官能的な味でした☆



生しらす2←ちょっと残酷にも思えるのですが、やはり食欲がまさってしまいます(笑)大きくなったらいわしへと成長するしらす、その身は、どちらも僕に美味しな力をくれます☆








釜めしに水←余談ですが、水もとても美味しかったです。さすがは名水が多く、水の綺麗な静岡です。ちなみになぜ釜飯のふたの上に水がのっているのかというと、料理を頼みすぎたので、テーブルの上がいっぱいになってしまってて、その時にお冷を頼んだのです。すると店員さんが、ひっくり返しておいていたふたの上に水をコトッと置いて、「あっおいちゃった」と(笑)。あまりのアットホームさにしばし笑っていました(笑)


 とにもかくにも、ほんとにくらさわやさんで食べた桜えび料理、生しらすは堪能できました。しかもじつはこのくらさわやさんは狙って伺ったわけではなく、偶然、前を通りかかった時になにかオーラを感じたので急遽入ったお店でした。加えてこのお店はかなり地元では名が通っているということで、いつもはかなり混んでいるということを後に知りました。この時はすぐに席に座れてしかも美味しかったので、やはり僕には食の神様が付いているのでは!と思いました(笑)
 


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by  seiko   2006年09月15日 11:00
 「くらさわや」さんは、和菓子屋さんみたいに見えてしまうんですが
やはり、片上さんを引き寄せる、食の神様がおしえて下さったんでしょうか(笑)。
桜えびのかき揚げ、丸ごと桜えびで、とっても美味しそう♪
カラッと揚がっていて、サクサクっていう音が聞こえてきそうです。
生しらすはすぐに鮮度が落ちるから、地元じゃないと食べれないって聞いた事があります。
たぶんその日に水揚げがあったから、本日のおすすめメニューだったんでしょう、どこまでも神様はついてらっしゃいますね(笑)
ずいぶん大きなコースターだなって思ったんですが、置く場所がなかったんですね(苦笑)
大満足の旅・・ではなく、研究会でしたね(笑)。
     


2. Posted by 片上敏喜   2006年09月15日 12:00
そうなんです、一見、和菓子屋さんのようにも見えるのですが、看板に桜えび料理と書いてあって、にもかかわらずこの外観とはと思って入りました☆
桜えびのかき揚げはほんとカラッとサクサクという食感で楽しめました☆
コースターはほんと面白くて(笑)
生しらすを食べれたのはほんと嬉しくて、これこそ、駿河湾を眼前にして頂ける地物もやなぁと思い、大満足の研究会でした(笑)

3. Posted by わんちゃん   2006年09月15日 14:38
桜えび⇒もしや?と思い冷蔵庫の中の「COOP桜えび(無着色)」の袋だと・・・
製造者⇒静岡県庵原郡由比町とありましたよ・・・

この桜えびの生を食べはったんやわ・・・
我が家の冷蔵庫には「素干し桜えび」は常駐です。
どんな料理にでもちょこっと混ぜて隠し味に使います。

桜えびも生しらすもカルシュームたっぷり
骨太な男性に・・・・・

先日骨密度測定をやってからはカルシュームがアタマから離れません
4. Posted by 片上敏喜   2006年09月15日 20:00
COOP桜えびも由比町産でしたか!やはり一大産地なんですね。
素干し桜えびは料理の隠し味にいい感じですよね☆
桜えびはカルシウムがほんとに豊富で100g中に素干しだと2000咫⊆儡海靴世1500咾發△襪畔垢ました。その他にもマグネシウム、鉄、リンも多く含むとか。美味しくて栄養素もしっかりとある万能食材ですね☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔